簡単な問題を解けるようにしておこう

>

成長してからも勉強する

いい点数を獲得できるように

中学校や高校に進むと、さらに勉強が難しくなります。
テストで良い点数を獲得するためには、たくさん勉強しなければいけません。
未就学児のころから、勉強する習慣をつけておくことをおすすめします。
勉強することが当たり前になれば、量が増えても問題ないでしょう。
急に勉強時間を長くしたり、量を増やしてもすぐにやらなくなってしまいます。

未就学児のころからの積み重ねが、中学校や高校へ入学した時に効果を発揮します。
成績のいい状態を、ずっとキープできるように勉強させましょう。
学習塾に通わせていれば、効率のいい勉強方法も教えてくれます。
幼いころからその方法で勉強していれば、辛いと感じません。
次第に、自分に合う勉強スタイルもわかるでしょう。

気軽に質問できるように

わからないところは、質問して解決します。
成長してから勉強を始めると、質問という行為ができなくなるかもしれません。
質問することは、恥ずかしいと感じてしまいます。
しかしわからないところをずっと放置していると、永遠にわからないままです。
進んで質問できるよう、幼いころに学習塾へ通わせましょう。
未就学児のころなら、何も気にせず質問できると思います。

自分で調べることも大事ですが、先生に聞くことも重要です。
学習塾を選択する際は、先生と子供の相性を調べてください。
相性がよくない先生では、説明を聞いても理解できません。
また質問しにくい雰囲気になってしまいます。
気軽に、子どもが質問できる雰囲気を持っている先生を見つけましょう


TOPへ戻る